ちりめんの小物たち

主に、祖母・母の作る古布を使った手作りちりめん細工をご紹介しています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬便り 2009春



さてさて。



毎度のことながら

群馬へ帰省中です




新作もゾクゾクと出来上がっておりましたので

張り切って群馬レポするぞーーーー!!








って、思っていたのですが








急遽


私と末っ子ちゃんで

二泊三日の旅に出ることになったのです。







旅・・・・










じゃなくて









・・・・。












3月31日の早朝のことでした。




群馬入りしてから

環境が変わったからなのか

末っ子ちゃんは猛烈な夜泣きを

連日繰り返しておりました。






元々、末っ子ちゃんの夜泣きは強烈!

布団の中で泣くだけではなく

七転八倒の末に

近くに寝ている人に

「かかと落とし」をお見舞いしまくる凶暴さ





寝不足の日々が続いていました。










その日

末っ子ちゃんの夜泣きは

いつもながら強烈ではありましたが

何かが違っていました。





その

「なにか」って言うのはですね







早朝4時からずっと続いていた
(その後病院へ行くまで数時間)




ぎゃーっと泣く→落ち着いてトロトロとまどろむ

↑コレを5分間隔で繰り返す。




大好きなアンパンマンを見せても興味がない(普段ならありえない)

大好きなジュースをやって飲まない

お外に抱っこしていっても腕の中で同じく泣いたり寝たりを繰り返す

前日から便秘だったので

お尻を指で優しくマッサージしてあげたんですが

ちゃんとうんちも出たし。(この時は良いうんち)

でも・・・・状態は変わらず






ちなみに末っ子ちゃん(2歳7ヶ月)はまだおしゃべりが出来ません。

(これもまぁ、違った意味で心配なんだけど)

そう

おしゃべりできないから

何が不都合で泣いているのかがサッパリ分からなかったのです。







群馬母は

「病院へ行ってみよう」と言います。






たぶん自宅にいたら

「今日はずいぶんしつこく泣くなぁ~」

と思うくらいだったかもしれません。






開診時間を待って群馬家のかかりつけの医院へ





ここは小児科と内科を常設した個人医院です。

まずは状況を説明し

全身状態を見てもらいました。





「理由は分からないけど、とりあえず脱水状態だね」





って、即点滴開始






そして血液検査と便の検査。




点滴をしている間も

泣く間隔は開いてきたものの

やっぱり ぎゃーっと泣いてはストンっと眠りに落ちます。





血液検査結果は異常なし。




でも便の検査では

ある種の下痢を引き起こすウィルスが検出されてとのこと。

で、このウィルスが原因にもなりうる

今の状態から疑われる病気





「腸重積症」(←リンクをご参照下さい)





血便が出たら決め手になると言うことで

早速浣腸をすることになりました。




で、




でました、血便。。。。





全部が真っ赤なわけではなくて

うんちの所々にイチゴジャムを乗せた感じ。

赤いねっとりしたものがゴロゴロと見えていました。






で、即治療に対応できる総合病院を紹介してもらい転院。







時間が勝負の病気ということもあり

すぐに診てくださりました。





まずは触診。

やはり腹部に丸いしこりがあると言うこと。





前医院で出た便を持参していたので診ていただきました。





そしてレントゲン。






結果、間違いなく腸重積症







で、

もうお分かりかと思いますが

冒頭での二泊三日の旅は











じゃなくて







入院・・・・





24時間以上経過してしまうと開腹手術だということでしたが、

幸いにも診断が早かったので

手術などはせずに

「高圧浣腸」と言う処置になりました。






「浣腸」って言うくらいだから

「浣腸」なんだけれど、

レントゲンで確認しながら

肛門から造影剤を注入して

その圧力で潜り込んだ腸を押し戻すという処置。




コレで元に戻らなかったら

小児外科と相談・・・だというので

かなりドキドキ。




レントゲン室の外で待つこと20分かな?




無事に処置も成功!

潜り込んだ腸は、

正常にもどりました。




レントゲン室から出てきた末っ子君

外まで響く大きな声で泣いていたので

少々お疲れ気味でしたけれど

さっきまでの不機嫌はどこへやら。

落ち着きを取り戻していました。





ほっ=3





ただ、24時間は再発の可能性が高いことと、

その後の腸の動きを確認するため・・・ということで

二泊三日の入院となりました。。。。

もちろん家族完全付き添いで。




不幸中の幸いとでも言うべきか

長女と次女は群馬家へお願いしっぱないしで

着替えなども運んでもらい

私は末っ子ちゃんに専属で付き添うことが出来ました。




コレが自宅だったら・・・・と思うと、ゾッとします。

まず

これだけ早く病院へ行ったかどうか・・。

腸重積症は、時間との戦いなのです。

病院を進めてくれた群馬母に感謝。

それに入院ともなると

自宅と病院を行ったり来たり

さぞやヒィヒィだったことでしょう。




痛い思いをして

特大のまで浣腸されて

三日間点滴で繋がれた可哀想な末っ子君でしたが、

入院生活も順調で経過もよく

予定通り退院となりました。






普段の生活に支障はないそうです。

いつも通りの日常を取り戻すことが出来ました。







寝る前まであんなに元気だったのに

ほんの数時間で

しかも何が原因かよく分からないけど

腸が腸中へ潜り込む???





病気とはジワジワとなるものかと思っていたけれど

こうやって急速に襲ってくることもあるのだと

勉強になりました。





小さいお子様をお持ちの方、

いつもと違う・・・は、

要注意!








長文ながら

群馬レポ!?でした。。。。








スポンサーサイト

*Comment

 

大変でしたね。
でも文頭を読んだだけで、不調クラブの会長はわかってしまった。
それが腸重積だったことを、、、。
というのも、
私自らが小さい頃(確か2歳半ころ)なった病気と
母から聞いていたから。
やはり泣きまくっていたそうです。
ちょうど家庭の医学を熟読していた同じく不調クラブ母が
ぴんときて、すぐに病院に連れて行ったようで
大事にはいたらなかったけど、
やはり浣腸処理したみたい。
怖いですよねー。
突然だし。
でも軽く???済んでほんとよかった。
開腹とかになったら大変でしたもね。
不幸中の幸いでしたよ。本当に。
お大事に。
  • posted by koo 
  • URL 
  • 2009.04/03 07:40分 
  • [編集]

 

ほんとに大変でしたね~。お疲れ様でした。
私も読むにつれてまさか・・とドキドキしました。
不調クラブ会員no.2・・・だからではなく
うちの下の子も11年前一才の頃になったから。
うちは夜中にあまり吐くので総合病院の診察に。そのとき血便まで持っていったのに
インターンらしき先生に「風邪」と判断されんですv-359
あきらかにおかしいので家に帰らず行きつけの小児科の駐車場
で夜明けまで待って診て貰ったら一目で診断書を書いてくれました。
うちも高圧浣腸で治ったから良かったんですが
時間が命の腸重積、ておくれになってたらと思うとゾッとします。
この前日まで私は盲腸で入院していて実家に娘を預けていたので
母は自分のせいだと思い込みいくら否定してもそれ以来婚家に
足を踏み入れないんですよーー;
それにしても群馬にいて娘ちゃんたちを見てもらえて不幸中の幸い
でしたね。子供の病気は子供はもちろん親も心が痛いし怖いし大変です。
落ち着かれたようで一安心ですがまだまだお大事に。


  • posted by つー 
  • URL 
  • 2009.04/03 09:47分 
  • [編集]

 

kooさんv-5

さすが不調クラブ会長。
ご自身が経験者とは!
そして病状を即把握された母様もすごい。
さすが会長の母上です^^

赤ちゃんの病気の本にはよく出ている病気ですよね。
何となく症状から頭をよぎったものの
ま・さ・かねぇ。。。という気持ちが強かった。
こういうときは、即行動に移すべきですね。
母としてまたひとつ勉強になりました。





つーさんv-5

つーさんは、母として経験していたんですね^^
勝手に皆様に縁を感じます。
つーさんの母様は悪くないと思いますよ。
だって、医者でさえ誤診するくらいなんですもの。
でも、手遅れにならずによかったですね。

開腹手術になると2週間は入院するようです。
なによりあの小さな体に傷を付けるなんて・・・。
本当に早期発見でよかったです。
子供の快復力は素晴らしいですよね。
もう完全復活です。
ご心配下さってありがとうございました^^




  • posted by 三ツ木冴子 
  • URL 
  • 2009.04/04 06:37分 
  • [編集]

 

無事退院おめでとうございます。

今回の日記は本当にハラハラドキドキして読ませてもらいました。
回復せずに済んで本当に良かった!!!
群馬にいる時で本当に良かったですね?
お母様に感謝!感謝ですね!

再発しないようにどうか、お大事にお過ごし下さいね~
  • posted by yoshiko 
  • URL 
  • 2009.04/04 17:11分 
  • [編集]

 

yoshikoさんv-5

群馬より帰宅しました。
末っ子ちゃんも再発することなく、元気に過ごしております。
再発の可能性はゼロでは無いとのことですが、今度は状態が変わればすぐに気がつくと思います^^
母としてスキルアップしたような感じです(笑)
すぐに異変に気付いてくれた群馬母には感謝。
車で病院をはしごしてくれた群馬父にも感謝。
よい子で群馬家でお留守番していた娘達にも感謝です!

昨晩帰宅したばかりで、荷ほどきが済んでいません。
頑張らねば~(>_<)
  • posted by 三ツ木冴子 
  • URL 
  • 2009.04/05 07:13分 
  • [編集]

 

今コメント読んだら大変な誤字を発見!
回復⇒開腹の間違いで~す。
ゴメンナサイ!!!<(_ _)>
  • posted by yoshiko 
  • URL 
  • 2009.04/05 09:51分 
  • [編集]

 

yoshikoさんv-5

いえいえ、ちゃんとお気持ちは通じておりましたので大丈夫です^^
変換誤字って、時折とんでもないことになったりしますよね。
私も常習犯です(笑)
  • posted by 三ツ木冴子 
  • URL 
  • 2009.04/06 09:44分 
  • [編集]

 

おはようございます♪
大変だったんですね!!!
お正月に子供達の入院を経験したので、三ツ木さんの大変さは分かるつもりです。末っ子ちゃん、処置で済んで本当良かったですね★
お母様にも感謝ですね。
末っ子ちゃん、お大事にしてください。


  • posted by みんりん 
  • URL 
  • 2009.04/07 06:07分 
  • [編集]

 

みんりんさんv-5

みんりん家は二人入院でしたよね。。。。
一人でもいやになっちゃうのに、大変でしたね~(>_<)

末っ子ちゃんはすっかり元気になりました。
子供の病気は本当に怖いし心配だし・・・・。
健康第一ですね!

  • posted by 三ツ木冴子 
  • URL 
  • 2009.04/08 06:08分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

三ツ木冴子

Author:三ツ木冴子
古布(主に着物のリメイク)を使った手作りの和小物たち。
自分では作れませんが、これらを作る母と祖母への尊敬の気持ちも込めて作品をご紹介。


ランキング参加中!
お気に召したら「ポチッ」とお願いします♪

↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


最近の記事

三ツ木冴子へメールする

母と祖母の作る作品への
お問い合わせはこちらへ。
お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログに関係ないメールは
削除させていただきます。

ブログ内検索

ご訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。