ちりめんの小物たち

主に、祖母・母の作る古布を使った手作りちりめん細工をご紹介しています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとだけ布のお話

ミニ着物


前にさらりとこんな画像を貼りました。(過去記事はこちら

で、今更ですが母からこれらの着物について教えてもらったので、ちょこっと書いてみようと思います。
(携帯カメラで撮ったので、布の細かいところまで写っていませんが、お許しを・・・)


これらの着物は、母が作った童人形(39?)に着せるための作った物。(童人形は、こちらとこちら

丹精込めて作った人形に着せる物だから良い物を・・・と、作った着物です。


右上 羽二重(はぶたえ)
右下 縮緬(ちりめん)
左上 つむぎ
左下 一越縮緬(ひとこしちりめん)

とりあえずどんな生地なのかを教えてもらいましたが、(分かる方には分かるのでしょうが)私にはピンと来ません・・・。

ただ、肌触りはどれもフワフワと軽くしなやかでとても柔らかく、スルリと指先から抜け落ちそう。

これが、正絹の肌触りなのですね


右下の縮緬。

明治頃の物だそうです。

母曰く、「富豪のお嬢様のお着物だったんでしょうねぇ。」

この4枚の中では一番高価な生地。

6,800円の端布を2枚使って仕上げたとのこと。




江戸ちり

以前ご紹介した「花見風呂うさぎ」

後ろのついたてに引っかけてある着物地は、江戸ちり。

江戸の時代の縮緬です。

長い長い年月を経て、現代まで存在し続けたんですね。



こんな小さな布きれにも歴史がある。



古布の世界は、深いのだなぁ・・・と、しみじみ思います。




スポンサーサイト

*Comment

 

三ツ木さん、こんばんは('-^*)/

等身大の着物と見分けがつかないくらい、細かく丁寧に仕上げてあるんですね~( ゚д゚)
江戸時代や明治時代の着物が今も残ってて、それが新しく作品で蘇るだなんて、なんだかとってもロマンチック♪
作品になるまでに、色んな人の手を渡ってきて、沢山の私たちの知らない時代の景色を見てきた布なんですね(^^)
  • posted by みぃち 
  • URL 
  • 2007.04/24 21:05分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2007.04/25 00:12分 
  • [編集]

 

江戸、明治から受け継がれている生地だなんて
びっくり!
大切にしたいですね。
  • posted by みんりん 
  • URL 
  • 2007.04/25 05:43分 
  • [編集]

 

どれも素晴らしい古布ですね。私も詳しくはないのですが骨董市に行ったときなどに聞いたり触ったりした何とな~く解ってきたようなきてないようなi-229数年前に買った布を見てなんでこんなのを買ったのだろうとおもうときもあります。
江戸ちりは清水の舞台から飛び降りる思いで一枚だけはぎれを買いました。貴重品で高価ですが染色も柄も手触りも違います。本当に
すごく薄くてふわふわですね。
使う気にはならず時々取り出しては大好きなしなやかで柔らかい肌触りを楽しんでますv-10
  • posted by つー 
  • URL 
  • 2007.04/25 11:35分 
  • [編集]

 

みぃちさんv-5

ミニ着物は、人が着る物とほぼ同じ作りです。
時を経て、汚れや傷みで着物としての役目を終えても、こうして再利用されるんですよね。
現代の洋服では、考えられないことです。
何でも、大切にしなければいけませんね(自分に言い聞かせています^^)


ないしょさんv-5

着物同様の作りですので、着物を知らずには作れないのだと思います。
母は、わらべ人形のお教室の先生にも、一目置かれていたようです^^


みんりんさんv-5

自分の持っている物で、今後2世代3世代先まで残せる物があるかと考えると・・・。

現代の物は、使い捨てるような作りになっているのでしょうね。
100年・200年前の物だからこそ、これからも100年・200年先まで、残っていくのかもしれませんね。


つー さんv-5

本当に、布の手触り・風合いには驚きました。
現代の布には決してない、軽さ・柔らかさ。
フワフワと布が浮かんでいるような錯覚さえ覚えました。

小さな布に高値の付く古布の市場。
ある意味仕方がないのかもしれないと、思わされます。
  • posted by 三ツ木冴子 
  • URL 
  • 2007.04/25 19:04分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

三ツ木冴子

Author:三ツ木冴子
古布(主に着物のリメイク)を使った手作りの和小物たち。
自分では作れませんが、これらを作る母と祖母への尊敬の気持ちも込めて作品をご紹介。


ランキング参加中!
お気に召したら「ポチッ」とお願いします♪

↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


最近の記事

三ツ木冴子へメールする

母と祖母の作る作品への
お問い合わせはこちらへ。
お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログに関係ないメールは
削除させていただきます。

ブログ内検索

ご訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。